デフラグビーの歴史

歴史/History

1994年12月   「音のない世界の肉弾戦」『ラグビーマガジン』2月号掲載 デフラガーマンを呼びかける
1995年9月    初の合宿開催(東京・府中)「日本聴覚障害者ラグビーを考える会」の設立
1997年9月    「聴覚障害者ラグビーを考える会」解散
1998年4月    「日本聴覚障害者ラグビークラブ」(JDRC)発足
2000年5月    公式戦に初参加(越谷セブンズ)
2002年4月    ジャパンセブンズに初参加(秩父宮ラグビー場)
2002年5月    デフ日本代表メンバー、日本ラグビー協会より発表される
2002年8月    ニュージーランド遠征へ、第1回デフラグビー世界大会に参加
・        7人制の部にでウェールズ、ニュージーランドを破り準優勝
2005年8月    JDRC、日本単独で英国遠征へ
2006年5月    結成10周年記念試合開催(花園ラグビー場)「日本聴覚障害者ラグビー連盟」発足
2011年10月    豪州親善試合(瑞穂ラグビー場・花園ラグビー場)
2016年3月    法人格取得 特定非営利活動法人 日本聴覚障がい者ラグビーフットボール連盟に改名
2018年4月    World Deaf Rugby 7’s(2002年以来、16年ぶりのデフラグビー国際大会開催) 日本代表4位


■ 参考文書
静かなるホイッスル / 柴谷 晋
2006年10月25日 新潮社発行

〈内容〉(「BOOK」データベースより)
2005年冬、倉津圭太という重度の難聴のラグビー少年が東海大翔洋高校のスクラムハーフとして全国大会で活躍。花園の観客を驚かせた。彼の背景には「デフラグビー」があった。デフラグビーとは、「聴覚障害者ラグビー」のこと。ニュージーランドで行われていたその紹介記事を一人の写真家が雑誌に寄せたのをきっかけに、日本全国から聾者・難聴者が集った。だが試合が出来ず、運営に行き詰まり、活動は崩壊の危機に。そこである男が頑張り、世界大会参加が決定。ふたたび「聞こえないラガーマン」たちが結集する。そして―疎外感に苛まれていた聾者・難聴者たちの生きる姿勢を、ラグビーが根底から変えていく。彼らの不思議な交錯の軌跡を自らも難聴ラガーマンである著者が追うノンフィクション。

PAGE TOP